FC2ブログ

photo1


IMG_0256.jpg


>>>髭のHPはこちらです

スポンサーサイト

紳士録1 無毛の人


 その人に初めて会ったのは、「鬼の会」でだった。80年あたり、団鬼六氏は年に1,2回「鬼の会」と称して、編集者や作家、絵描き、または友人を集めて、宴会をしたり、一泊旅行に行ったりしていた。
 友達の中には、立川談志や鬼六映画の女優陣、刺青師など幅広い人達がいたので、いつも同じような出版界人としか交わっていない私などは楽しみの一時であり、緊張する一時でもあった。
 ある時などは、急に石和温泉に一泊旅行ということで、各出版社の編集長クラスが召集された。行ってみると関東を縄張りとするヤクザの総長の会のゲストだった。鬼六さんもさすがに一人では気が引けたのか、我々をお供にしたようだ。
 なにしろ旅館全体がコワモテの組長やボディガードで占拠されたようなものだから、私達ウラナリは身の置き所がない。お風呂に行けば、刺青の間を縫うような有様だし、宴会場ではいつまでも続く挨拶の応酬に、いつ箸をつけていいやら勝手がしれずオロオロするばかりだった。
 宴会が始まると組長クラスの人がお供を連れて私の横に座って、しきりに酒をすすめてきた。なんだろうと思っていると、SMクラブの話だった。私を選んだのは、スナイパーが一番SMクラブの取材を積極的にやっているのを鬼六さんあたりから聞いてきたのだろう。
 もう私はお白州に出た罪人のようにペラペラと知っている限りをゲロしましたとも。
 半年したころから、ヤクザ系SMクラブが進出してきたが、もしかしてあの会の私のゲロが誘引だったのかもと思ったものだ。
 
 長い前書きになってしまったが、「鬼の会」で初めて会った人、とはヤクザさんのことではない。それどころかマスコミ系から国会議員になった人だ。
その人は「鬼の会」で少しばかり話しただけなのに、それから数日すると、いきなり編集部に現れた。そればかりか、「写真が欲しい」とストレートに頼むのだ。
有名人だけにSMの編集部にいるのが人の目に止まってはと懸念した私は、近くの喫茶店で待っていてもらって、写真を選んだ。
カラー写真は35ミリのポジフィルムだから、当時の幻灯機にでもかけないと見にくいので、モノクロの紙焼きということになる。
紙焼きは文中のカット写真などのために、かなりストックがあった。私はその中から、様々な良さそうなパターンを選んで喫茶店に急行した。
だが、私のセレクトをパラパラとめくった議員先生は「これは自分の好きなモノではない」と一蹴した。そして声を潜めて「毛のないのはないのかなー」と言うのだった。
私はそれまで「剃毛マニア」とか「パイパンマニア」という人がいるのは本で読んで知っていたが、実物にお目にかかったのは初めてだった。思わず薄くなった先生の髪の毛を見てしまった。それ以来、彼は私の中で「無毛の人」という仇名になった。
しかし困った。当時毛を剃った写真は少なく、あったとしても股縄が食い込んでいて、中身は見えない写真しかなかった。毛もなく縄もない写真など「SM雑誌」では売り物にならないのだから、当然のことだったのだ。
こうして勇を奮って私を訪ねてくれた議員先生の希望に応えることはできなかった。
ところが、それから2年ほど経つと、ビニール本や裏本、ビデオとの競争のために、私達は撮影の前にモデルの股間にうずくまって恥毛を剃るのが日課になるのだった。
剃り跡も青々しい大陰唇にオイルを塗って霧吹きで水滴をつける――毛さえなければ大陰唇までは性器ではない、という取締り側との了解からのギリギリの対抗策だった。まさに剃毛マニアのパラダイスなのだろうが、私には煩わしい作業でしかなかった。
その頃、議員先生が来たならば、墨ベタの入る前のパイパン写真をあげることができたのになぁ。 
 


淑女録1 初愛の人①



映画「ウエストサイドストーリィ」冒頭のシーン。ダンスパーティの群舞する人垣の向こうにマリアがいる。彼女にスポットライトが当たると、人垣が背景に溶け込み、マリアの回した視線が止まると一人の男に釘付けになる、そこにはやはりスポットライトに照らされたトニィがいる――ひと目惚れを明快に描いた有名なシーンだ。
みなさんはそんな体験をしたことがあるだろうか?
私にはある。19歳の春、専修大学を辞め、和光大学に入りなおした入学式での出来事だった。あまたいる入学生の中で彼女は光をまとって微笑んでいた。
なぜ彼女だけが輝いて見えたのか? とりたてて美人というわけではなかった。地味なワンピースをまとった身長160センチのすらりとした肢体。手足が長いわりには小顔。
野暮ったい黒縁メガネの奥の優しく輝く瞳。
私の注意を喚起するような特別さはないはずだった。
残念ながら私にはスポットライトが当たっていなかったらしく、彼女の視線を釘付けにするには、二ヶ月くらいの猛アタックが必要だった。
彼女――真弓は祖父は有名私立大学の元総長、伯父は国立大学の学長、父親も大学教授という、あらかじめ知っていたら恐れ多くて手も出せないような学者一族の出自だった。当人は中高一貫のミッション系お嬢様学園の出身、典型的な箱入りお嬢様だ。
そんなわけで、数いた競争者を蹴落とし、彼女の信頼と唇を得るのに、二ヶ月もかかったのだ。
初めのキスは、当時のスタンダードな公園。宵闇に包まれはじめた芝生の上で真弓の歯と私の歯がカチカチ鳴っていたのを憶えている。真弓は緊張から、私は彼女に上着を貸したために寒さで。
Aまでいったのだから、BCはすぐだろう、と思うのは今の人間だ。1969年の話だから、ことは左様にいかない。その頃はまだ処女性を崇められている時代で、結婚までは処女を守るという女性がほとんどだった。
少しすると大学近くの私のアパート(6畳一間に半畳の玄関と台所。トイレと浴室は共同)に来てくれるようになった。
こうなるとアパートの密室では、寸暇を惜しんでのセックス授業だ。後ろからキスしながらの指の探索。まだ誰にも愛撫されたことのないBカップの硬い乳房をブラジャー越しに、そして素肌にたどりつき、尖った小さな乳首へ。
そんな調子で裸を見せてもらえるまでに1ヶ月以上もかかった。それは真弓の羞恥心が強かったのと、裸になると最後の防波堤が破られ処女まで要求されるのではないかという危機感があったからだろう。
私は何度も誓約し、信頼してくれるのを願った。そして季節も私を後押ししてくれた。
初夏から夏の盛りにかけてだったので、私の部屋は一階だったから、窓を閉じてカーテンをひくと、密室は暖房をきかしたようになってしまう。エアコンなどなく、扇風機さえ学生の身分では遠い存在だった。
そこでくんずほぐれつするのだから、二人とも汗まみれになってしまう。私はいいが、彼女は汗にまみれた服と下着で電車に乗って家に帰らなくてはならないのだ。さすがに8月に入ると裸になることを承知した。
やっと指先でしか触れたことのない毛叢と敏感なクリトリスや薄いラビアとのご対面であり、裸というのは指だけでなく唇も愛撫の仲間入りが許されたということでもある。
さらには私も裸になっていいということ。
真弓は羞恥心を抱きつつも強い好奇心でセックスの世界に入ってきてくれた。当時は女性雑誌といえば、芸能雑誌くらいで、セックスに対しての情報はほとんど白紙状態というのがほとんどの女性の状態だったと思う。
だから真弓は、私が与える快感に陶然となり、私が教える男の体の神秘に夢中になった。特に彼女には、処女を守りたいという負い目があったので、私の欲望を違う方法で解消させようという優しい思いやりから、指はもちろん、口や素股を使ってのプロはだしのサービスまで身につけてくれた。
その頃になると、私のアパートの鍵を真弓にも渡してあった。時間割が違うので、先に部屋で待っていてもらうこともあったからだった。
ある日、遅れて帰ると、真弓が私が押入れ深くに隠していたエロ雑誌(奇譚クラブ)を食い入るように見ていた。
私は自分の恥部を見つけられた子供のように慌てて取り上げようとしたが、真弓はこういった本が読みたいし、自分でもしてみたいと思っていたと告白したのだ。
私はそれまで、そういった変態雑誌やサドの小説を読んでも、扇情的なフィクションだと思っていた。男の嗜虐的な欲望が想像する絵空事の世界だと。
だが真弓は家の庭などで近くのお兄さんから時代劇ごっこなどで、たびたび立ち木に縛られて味方の助けを待つお姫様役をやらされていて、その度に「味方に助けられなかったらどうなるのだろう? と妖しく胸をときめかせていたのだ。
私は目の前に、封印していた欲望の生贄を見ていた。
そして彼女がなぜ光に包まれて私の目を奪ったのかわかった。
それは真弓こそ私の「運命の女」だったからだ。


歴史篇1 どうして「髭」と呼ばれるようになったのか?


それは当然、髭をはやしていたからだった。
私が髭をはやしたのは、29歳の時、竹書房で「近代麻雀臨増(後の近代麻雀オリジナル)」の編集長になった時だ。
当時の私は171センチ・58キロ。白面の美青年(?)と言ったところで、百戦練磨の麻雀プロや漫画家、原作者とわたりあうにはなんとも押し出しに欠けていた。
そこで髭をはやしてみたしだい。
その前にも、24歳で編集長になったことはあった。三崎書房、歳月社での「幻想と怪奇」という雑誌だったが、その実は編集委員の紀田順一郎・荒俣宏・鏡明氏たちが方針や作家を決め、編集長とは言え、仕事は原稿集めとその編集整理という役回りだったから貫禄を云々する必要はなかったのだ。
しかし、竹書房時代は「髭」などと呼ばれることはなかった。劇画編集者は髭をはやしている人が多く、珍しくもなかったからだ。
ではいつの頃からかと言うと、竹書房からミリオン出版に移り(この辺の事情はまた別の機会に書くことにする)、「スナイパー」編集長となって、それまでは編集長が書いていた「編集後記」を、編集部全員が数行でも個性を出して携わっている仕事の感想などを書くように変革してからだ。
初めのうちは「H」など姓のアルファベットで署名と代えていたのだが、それも無個性だと思い、私は「髭」と署名するようになった。
その頃からか少し前か、マニアの集まりに取材などで行くと当時31歳の私は最年少。まだSMブームが巻き起こり衆知される前の時代だから、マニア諸氏は10歳以上は年上の人ばかりだった。
みんなそれなりの地位のある人らしく「編集長」と奉ってくれるのは主催者だけ。他のメンバーは当然の如く新参者扱いで、「おーい、そこの髭、飲み物買出しに行って」と、顎で使われる状態が続いた。
それも仕方のないことだった。なにしろ「スナイパー」自体がSM雑誌の新参者で認知を受けていなかったのだから。
しかし、号を重ね他の雑誌とは違うマニア視点の新しい雑誌だというのが浸透してくると「髭ちゃん」とか「髭さん」に変わってきた。
以上が「髭」と呼ばれるようになったきっかけだが、決定的となったのは、私が「髭の交遊録」を連載するようになったからだろう。それについてはまたの機会に詳しく記すことにする。